ドメイン取得サービス比較表

(凡例) ◎:とても良い ○:良い △:普通

公式サイトお名前.comムームードメイン名づけてねっとスタードメインエックスドメインゴンベエドメインバリュードメインエルドメイン
おススメ度★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
用途個人・法人個人向け法人向け個人向け個人向け個人向け個人向け個人向け
費用
WHOIS情報非公開無料無料非対応無料無料有料無料不明
キャンペーン多い普通普通普通普通少ない普通少ない
ドメインの種類
ドメインの自動更新
サポート・マニュアル
特長ドメイン登録数国内No1の実績初心者でも使いやすく、お安く取得NTTグループ運営、法人登録多数国内最安値に挑戦、ポイント還元WordPressが使える無料サーバー付きドメイン1,000種類以上ダイナミックDNS有り、初心者不向き評判などネット上に情報なし

*スマートフォンは表を横に動かせます。

独自ドメインとは?

ドメインはインターネット上の住所のようなものです。ホームページやメールアドレスなどでも使われるのでよく目にすると思います。

当サイトの場合、ホームページのアドレス「https://www.textbook-domain.com/」、メールアドレス「info@textbook-domain.com」の、それぞれ後ろ側の「textbook-domain.com」の部分がドメインです。

ここでは、独自ドメインについて簡単にまとめており、取得できるドメイン名の調べ方を説明します。

独自ドメインとは?

ドメインとはインターネット上の住所みたいなものです。

重複する住所がないのと同じように、ドメイン名も世界中に1つしかなく、同じドメイン名は存在しません。

ドメインは有料で、ドメイン取得業者を通じて、ドメイン名を登録することにより、インターネット上で利用できるようになります。

自分だけのオリジナルのドメインを取得し、ホームページやメールアドレスを持つことができます。

オリジナルのドメインなので独自ドメインと言われます。

取得できるドメインの種類

好きなドメイン名を取得できるとはいっても、ドメインの後ろの部分「.com」「.net」「.info」「.jp」の部分はオリジナルの単語は選べません。

ドメインの後ろの部分の種類によって料金も違ってきます。

会社でよく利用されるドメイン、「.jp」「.co.jp」の料金は比較的高い料金になっています。

独自ドメインは早い者勝ち

ドメインは早いもの勝ちになっていますので、考えていたドメインを取得できないなんてことがあります。

特に登録数の多い「.com」や「.net」では短い単語のドメインを取得するのはとても難しくなっています。

すでに登録ずみの場合には、さらにキーワードを加えてたり、ハイフンでつないだり、組み合わせを変えてみたり、別のドメインの種類で探してみたりして、取得できるドメインの中から探します。

取得できるドメイン名の調べ方

ドメインを取得できるか調べるときは、お名前.comなどのドメイン取得サービスの公式サイトを使うのが便利です。

取得したいドメインを入力し、検索ボタンを押すだけで簡単に、取得できるか調べてくれます。

納得いくドメインが見つかるまで 何度でも無料で調べることができます。

個人で利用するドメインなら、「.com」「.net」「.info」「.biz」「.org」の中から選んでおくのがおススメです。

会社で利用するドメインなら、「.jp」「.co.jp」など 「.jp」で終わるドメイン名を選んでおくことをおススメします。

主なドメイン取得サービス会社の公式サイト

タイトルとURLをコピーしました