ドメインの教科書

ドメイン取得サービスの選び方

情報配信中

情報配信中

【終了しました】バリュードメイン、汎用JPドメイン新規登録で実質2,280円(2016年4月30日まで)

      2016/05/01

GMOデジロック株式会社が運営するドメイン登録サービス「バリュードメイン」では、汎用jpドメインがお得に取得できるキャンペーンを実施中です。

キャンペーン期間中「.jp」の新規取得が実質2,280円(税込2,462円)となっています。

「.jp」ドメインを登録するためには、「日本国内に住所を持っていること」が前提であるため、ユーザーがサイトにアクセスした際に、日本のサイトだとアピールすることが可能です。

キャンペーン内容

キャンペーン価格

「.jp」新規登録価格 還元ポイント(1dp=1円) 実質
2,640円/年(税込2,852円) 390dp 実質2,280円/年(税込2,462円)

※還元ポイントを考慮すると、2,280(2,462)円で購入できることになります。

キャンペーン期間

2016年4月1日(金)~4月30日(土)まで

「.jp」ドメインの特長

  • 「.jp」ドメインは日本の企業・営利法人である必要がないので、 個人や団体でも関係なく登録が可能なドメインです。
  • 「.jp」ドメインは1人あたり取得できる数が制限されていないので、いくつでも登録することが可能です。

注意事項

  • 1 dp = 1円となります。
  • 汎用JPドメインのローマ字のみキャンペーン対象となります。
  • このキャンペーンは、購入可能金額、クレジットカード自動決済、ポイント(デジポ)での支払いに適用されます。
  • 還元されたポイントは、次回以降のバリュードメインでのドメイン、サーバーの購入に利用できます。
  • 還元ポイントの有効期限は発行日より6ケ月です。また、ポイントは購入後、即時反映されます。

【ダイナミックDNS】上級者向け、メール転送、URL転送など機能豊富なバリュードメイン

上級者向けに、無料の「メール転送、自由に設定可能なネームサーバー、ダイナミックDNS、URL転送、レンタルサーバー」を提供しています。

  • 上級者向け、ダイナミックDNSなど機能が豊富
  • 格安レンタルサーバーのバリューサーバーとセットで激安で利用できる
  • 個人用で必須のWHOIS情報の非公開無料

【実績No1】ドメイン登録実績1,200万件突破の、お名前.com

  • 日本のドメイン取得業者の中で最も登録数が多く使いやすい
  • 頻繁にキャンペーンを行っているので格安で取得できることも
  • 人気の単語を使ったレアなプレミアムドメインの取得が可能

お名前.comはGMOインターネット株式会社が運営するドメイン取得サービスです。日本のドメイン業者の中で最も登録数が多いので安心感が違います。料金も安く、管理機能も使いやすいサービスとなっています。 頻繁に特別料金キャンペーンを行っており、タイミングが合えば非常に安くドメインを取得できます。 お名前.comの共用レンタルサーバーと同時申込でさらにお得になります。

【初心者向け】初めてでも安心のわかりやすさ、ムームードメイン

  • 初心者でも安心、簡単で管理がしやすいサービス
  • 個人用では必須のWHOIS情報の非公開無料
  • 同じ運営会社のレンタルサーバー(ロリポップ、ヘテムルなど)との相性が良い

ムームードメインは、GMOペパボ株式会社が運営するドメイン取得サービスです。同じ運営会社のレンタルサーバー、ロリポップやヘテムルとの相性がよく、簡単にホームページを開設することができます。料金も安く、管理画面のデザインや操作が分かりやすくなっており、初心者におすすめです。個人用ではなくてはならないWHOIS情報の非公開機能も無料で利用できます。

【法人向け】サポート充実。多数の企業が登録している、名づけてねっと

  • NTTグループ運営のドメイン取得サービス、多くの法人企業が登録
  • 通話料無料の電話サポート、請求書払い、法人向け後払いが可能
  • 同じ運営会社のレンタルサーバー(WebARENA)との同時契約がお得

名づけてねっとは、株式会社NTTPCコミュニケーションズが運営するドメイン取得サービスです。NTTグループ運営で、多くの法人企業が登録しており、会社のドメインを取得する場合におススメです。法人向けサービスだから、通話料無料サポートがあり、教育機関・官公庁向けの請求書払い、法人向け後払いが可能です。名づけてねっとなら、会社で使っているドメインを、料金支払い手続きのミスで失効してしまうようなことはなくなります。法人サイトや会社のメールで使う重要なドメインなら、トラブル時のサポートも大切です。

 - 新着情報