ドメインの教科書

ドメイン取得サービスの選び方

情報配信中

情報配信中

ドメインが乗っ取られた?ドメイン失効するとどうなるか

中古のドメインを買いあさる中古ドメイン業者を御存じですか?

中古ドメイン業者とは、ページランクの高いドメインをターゲットに高額で転売する業者です。

ドメインの契約更新をうっかりミスで忘れると、中古ドメイン業者に買い取られてしまい再取得は難しいのです。

ここでは、ドメインの契約更新をうっかりミスで忘れてしまい、ドメインを失効してしまうとどうなるかを解説します。

ドメイン乗っ取り?ほとんどのケースは料金支払い忘れのうっかりミスによるドメイン失効です

その気づきはドメインがハイジャックされたと勘違いするところから始まります。

自分のサイトを確認すると、見たこともない英語のサイト(中古ドメイン業者のサイト)が画面に現れます。

「なんじゃこりゃ!ドメインが奪われた!」

一度でもドメイン失効をしたことのある人なら気が付きます。

「やっちまった。。。」

これは、ドメインがハイジャックされたわけではありません。

ドメイン契約更新の料金支払いができておらず、ドメインが失効し、中古ドメイン業者がそのドメイン名を取得したのです。

ドメインの再取得の方法

中古ドメイン業者によりドメイン名が取得された場合、そのドメイン名は中古ドメイン市場から買い直さなければいけません。

中古ドメインはオークション形式で販売されていることが多いようです。

失効してしまったドメイン名を再取得する場合、オークションでの市場価格となり価格交渉など通じて再取得することになります。価値の高いドメインほど高額になってしまいます。

もしあなたの努力でドメインの評価が高まっているなら、その努力の分だけドメイン再取得の費用は高額になってしまいます。

中古ドメイン業者にドメインを取られない方法

うっかりミスとはいえ、ドメイン契約更新の料金支払いを忘れてしまったのが最大のミスです。ドメインの更新料金の支払いを忘れないことが大前提になります。

そのうえで、多くのドメイン取得業者ではドメイン復活の猶予期間も用意しています。

その復活猶予にも気が付かず期限を過ぎてしまった場合、そのドメインは失効し一般市場に流れて、他者が取得できるようになります。

ドメイン復活は、ドメイン取得業者の方針により対応していなかったり、復活手続きができる日程が限定される場合もあります。

また、あくまで支払いを忘れた側の落ち度のため、確実にドメインを復活できることを保証しているドメイン取得業者はありません。

ドメイン復活には、ドメイン登録料金とは別にドメイン復活の手数料がかかります。ドメイン復活手数料はドメイン取得業者によって異なりますが、その手数料は少なくとも10,000円~30,000円以上かかる場合が多いようです。

ドメイン復活もできなかった場合、再取得は難しい

失効する予定のドメイン名は、WHOIS情報により誰でも確認することができます。

中古ドメイン業者は、WHOIS情報から失効する予定のドメイン名をあらかじめ調査しており、その中から価値の高いドメイン名をあらかじめターゲットしています。

そして、一般市場で再取得できる開始タイミングを狙ってロボットが自動でそのドメインを取得します。

中古ドメイン業者は世界中に複数いて業者同士も競争しているので、普通の人がロボットより早くドメインを取得するのは難しいです。

再取得できるとしたら、それは中古ドメイン業者が転売する価値がないと判断し購入しなかったドメイン名だからです。

価値の高いドメイン名は、料金後払いで支払い手続き忘れなどうっかりミスでのドメイン失効の心配がない名づけてねっとの請求書払いにドメイン移管しておくのがおすすめです

まとめ:ドメインのハイジャック?ドメイン失効するとどうなる

  • ドメインがハイジャックされたと思った場合、多くは料金支払いのうっかりミスでドメイン失効したのが原因です。
  • 中古ドメイン業者にドメインを取られない方法は、ドメインの更新料金の支払いを忘れないことが大前提。
  • 支払い忘れの場合、ドメイン復活の猶予期間もあるが確実に復活できるわけではない。
  • 失効後に再取得する場合、普通の人が中古ドメイン業者に勝つのは難しい。ただし価値のないドメインならチャンスあり。

名づけてねっとの特長

  • NTTグループ運営のドメイン取得サービス、多くの法人企業が登録
  • 通話料無料の電話サポート、請求書払い・法人向け後払いが可能
  • 同じ運営会社のレンタルサーバー(WebARENA)との同時契約がお得

名づけてねっとは、株式会社NTTPCコミュニケーションズが運営するドメイン取得サービスです。NTTグループ運営で、多くの法人企業が登録しており、会社のドメインを取得する場合におススメです。法人向けサービスだから、通話料無料サポートがあり、教育機関・官公庁向けの請求書払い、法人向け後払いが可能です。名づけてねっとなら、会社で使っているドメインを、料金支払い手続きのミスで失効してしまうようなことはなくなります。
法人サイトや会社のメールで使う重要なドメインなら、トラブル時のサポートも大切です。
名づけてねっとの詳細ページへ

【実績No1】ドメイン登録実績1,200万件突破の、お名前.com

  • 日本のドメイン取得業者の中で最も登録数が多く使いやすい
  • 頻繁にキャンペーンを行っているので格安で取得できることも
  • 人気の単語を使ったレアなプレミアムドメインの取得が可能

お名前.comはGMOインターネット株式会社が運営するドメイン取得サービスです。日本のドメイン業者の中で最も登録数が多いので安心感が違います。料金も安く、管理機能も使いやすいサービスとなっています。 頻繁に特別料金キャンペーンを行っており、タイミングが合えば非常に安くドメインを取得できます。 お名前.comの共用レンタルサーバーと同時申込でさらにお得になります。

【初心者向け】初めてでも安心のわかりやすさ、ムームードメイン

  • 初心者でも安心、簡単で管理がしやすいサービス
  • 個人用では必須のWHOIS情報の非公開無料
  • 同じ運営会社のレンタルサーバー(ロリポップ、ヘテムルなど)との相性が良い

ムームードメインは、GMOペパボ株式会社が運営するドメイン取得サービスです。同じ運営会社のレンタルサーバー、ロリポップやヘテムルとの相性がよく、簡単にホームページを開設することができます。料金も安く、管理画面のデザインや操作が分かりやすくなっており、初心者におすすめです。個人用ではなくてはならないWHOIS情報の非公開機能も無料で利用できます。

【法人向け】サポート充実。多数の企業が登録している、名づけてねっと

  • NTTグループ運営のドメイン取得サービス、多くの法人企業が登録
  • 通話料無料の電話サポート、請求書払い、法人向け後払いが可能
  • 同じ運営会社のレンタルサーバー(WebARENA)との同時契約がお得

名づけてねっとは、株式会社NTTPCコミュニケーションズが運営するドメイン取得サービスです。NTTグループ運営で、多くの法人企業が登録しており、会社のドメインを取得する場合におススメです。法人向けサービスだから、通話料無料サポートがあり、教育機関・官公庁向けの請求書払い、法人向け後払いが可能です。名づけてねっとなら、会社で使っているドメインを、料金支払い手続きのミスで失効してしまうようなことはなくなります。法人サイトや会社のメールで使う重要なドメインなら、トラブル時のサポートも大切です。

公開日:
最終更新日:2016/03/13