ドメインの教科書

ドメイン取得サービスの選び方

情報配信中

情報配信中

ドメインの取得と設定

ここでは、ドメイン取得からホームページ公開までの流れを説明します。レンタルサーバーとドメイン取得業者をどこにするか決まっていますか?

独自ドメイン取得する前に、契約するレンタルサーバーを前もって決めておきましょう。

おすすめレンタルサーバーでは、さくらインターネット、ロリポップ!、エックスサーバーなど、主要なレンタルサーバーを比較しています。

会社で使うドメインの取得や、日本語ドメインのメリットについても解説しています。

ドメインの取得と設定

ホームページ公開までの流れ

ここでは、ドメイン取得からホームページ公開までの流れを説明します。レンタルサーバーとドメイン取得業者をどこにするか決まっていますか?
まずは、ホームページの目的に合わせてレンタルサーバー業者を選ぶのがオススメです。当サイトの大手レンタルサーバー業者の一覧が参考になると思います。この時、レンタルサーバーと同じ会社でドメインを取得するか、別の会社で取得するかも決めてください。

ホームページ公開までの流れの詳細ページへ

レンタルサーバーを選ぶ

独自ドメイン取得する前に、契約するレンタルサーバーを前もって決めておきましょう。
一般的に独自ドメインよりレンタルサーバーの方が料金が高く、レンタルサーバー事業者によってはドメインが無料で付いていたり、ドメインとセットで割引があったり、ドメインとサーバーを連携する設定が簡略化されたり、簡単だったりする場合があるからです。できるなら同じ会社で一本化した方が管理も簡単になります。

レンタルサーバーを選ぶの詳細ページへ

知らないと損をする、お名前.comでドメインを取得するときの注意事項

お名前.comでドメイン登録するときに絶対に忘れては行けない唯一の事は、WHOIS情報公開代行サービスのチェックマークを入れ、申し込みする事です。
チェックマークを忘れても、後で申し込みができますが、1ドメイン当たり年間で980円の追加料金が永久に発生します。

知らないと損をする、お名前.comでドメインを取得するときの注意事項の詳細ページへ

お名前.comでドメイン登録時にWHOIS情報公開代行を忘れたときの対処方法

WHOIS情報公開代行サービスを忘れるとドメイン費用が約2倍増えます。「.com」1,380円 + 「WHOIS登録代行」980円 = 年間 2,260円 と、ドメインの費用が2倍近く増えてしまいます。
「あっ!、しまった」と気が付いた時にはもう遅いです。それでも忘れてしまった時の対処方法を紹介します。

お名前.comでドメイン登録時にWHOIS情報公開代行を忘れたときの対処方法の詳細ページへ

多発するうっかりミスによるドメインの有効期限切れに注意

ドメイン名はずっと使い続けられるわけではありません。ドメイン名には有効期限が設定されており、通常はドメイン登録から1年後に有効期限が切れてしまいます。有効期限が切れるまえに料金支払いなどの更新手続きを行うと、有効期限が1年延長されます。
ところが、有効期限が切れることに気が付かず、更新手続きを行わず、ドメインを失効してしまい他者の手に渡ってしまうとても悲しいケースが後を絶ちません。

多発するうっかりミスによるドメインの有効期限切れに注意の詳細ページへ

会社で使うドメインを取得する前に知っておくべきこと

会社で使うドメインを取得する前に、ドメインに関する知識は不可欠です。
長く使い続ける会社で使うドメインは、会社や商品のブランドイメージなどと結びつくブランド資産の一つとなっています。
ブランド資産として重要なドメインであるにも関わらず、ドメイン取得に関する知識がないために、誤ってドメインを失効してしまうケースが後を絶ちません。

会社で使うドメインを取得する前に知っておくべきことの詳細ページへ

会社で使う独自ドメインのメールアドレスを作るには

ホームページは作る予定はないけどメールアドレスだけ欲しい。あまり使わないだろうけど、さすがにフリーメールでは恰好がつかない。
といった方向けに、ここでは新たに会社を設立した場合など、自社のメールアドレスを作る方法を紹介します。

会社で使う独自ドメインのメールアドレスを作るにはの詳細ページへ

ドメインが乗っ取られた?ドメイン失効するとどうなるか

中古のドメインを買いあさる中古ドメイン業者を御存じですか?中古ドメイン業者とは、ページランクの高いドメインをターゲットに高額で転売する業者です。
ドメインの契約更新をうっかりミスで忘れると、中古ドメイン業者に買い取られてしまい再取得は難しいのです。
ここでは、ドメインの契約更新をうっかりミスで忘れてしまい、ドメインを失効してしまうとどうなるかを解説します。

ドメインが乗っ取られた?ドメイン失効するとどうなるかの詳細ページへ

【実績No1】ドメイン登録実績1,200万件突破の、お名前.com

  • 日本のドメイン取得業者の中で最も登録数が多く使いやすい
  • 頻繁にキャンペーンを行っているので格安で取得できることも
  • 人気の単語を使ったレアなプレミアムドメインの取得が可能

お名前.comはGMOインターネット株式会社が運営するドメイン取得サービスです。日本のドメイン業者の中で最も登録数が多いので安心感が違います。料金も安く、管理機能も使いやすいサービスとなっています。 頻繁に特別料金キャンペーンを行っており、タイミングが合えば非常に安くドメインを取得できます。 お名前.comの共用レンタルサーバーと同時申込でさらにお得になります。

【初心者向け】初めてでも安心のわかりやすさ、ムームードメイン

  • 初心者でも安心、簡単で管理がしやすいサービス
  • 個人用では必須のWHOIS情報の非公開無料
  • 同じ運営会社のレンタルサーバー(ロリポップ、ヘテムルなど)との相性が良い

ムームードメインは、GMOペパボ株式会社が運営するドメイン取得サービスです。同じ運営会社のレンタルサーバー、ロリポップやヘテムルとの相性がよく、簡単にホームページを開設することができます。料金も安く、管理画面のデザインや操作が分かりやすくなっており、初心者におすすめです。個人用ではなくてはならないWHOIS情報の非公開機能も無料で利用できます。

【法人向け】サポート充実。多数の企業が登録している、名づけてねっと

  • NTTグループ運営のドメイン取得サービス、多くの法人企業が登録
  • 通話料無料の電話サポート、請求書払い、法人向け後払いが可能
  • 同じ運営会社のレンタルサーバー(WebARENA)との同時契約がお得

名づけてねっとは、株式会社NTTPCコミュニケーションズが運営するドメイン取得サービスです。NTTグループ運営で、多くの法人企業が登録しており、会社のドメインを取得する場合におススメです。法人向けサービスだから、通話料無料サポートがあり、教育機関・官公庁向けの請求書払い、法人向け後払いが可能です。名づけてねっとなら、会社で使っているドメインを、料金支払い手続きのミスで失効してしまうようなことはなくなります。法人サイトや会社のメールで使う重要なドメインなら、トラブル時のサポートも大切です。

公開日:
最終更新日:2016/03/20