ドメインの教科書

ドメイン取得サービスの選び方

情報配信中

情報配信中

ネームサーバーとは?

ネームサーバーとは、インターネット上でドメインとサーバーを結びつけるための名前解決をするサーバーです。

DNSサーバーとも言う

インターネット上にあるサーバーには、IPアドレスが割り当てられています。IPアドレスが判明すれば、ホームページのサーバーにアクセスできます。このIPアドレスとドメインを繋げる役割を担っているのがネームサーバーです。ネームサーバーは、DNS(Domain Name System)サーバーとも言います。

人間がIPアドレスを覚えてホームページにアクセスするのは難しいため、認識しやすいドメイン名でホームページにアクセスできるようになっています。

ネームサーバーの設定方法

ネームサーバーは、ドメイン取得業者や、レンタルサーバー業者が提供しています。レンタルサーバーと独自ドメインの契約をした後、ネームサーバーの設定を行います。

初心者の方にとって、ネームサーバーの設定はなにをどうしたらよいか難しいものです。多くの場合、レンタルサーバー業者のマニュアルに設定方法が案内されているので探してみてください。

ネームサーバー設定の流れ

ここでは、ネームサーバー設定の流れを簡単に説明します。

まずレンタルサーバーの設定をします。契約したレンタルサーバーの管理画面にログインしてください。管理画面にはドメインを登録する箇所があるはずです。見つけたら、取得した独自ドメインを設定してください。ホームページ用のドメイン設定では、ドメイン名の前にwww.
を付け、http://www.~となるよう設定するのが一般的です。

次に契約しているレンタルサーバーのネームサーバー(または、DNSサーバー)を確認してください。契約した時に送られてくるメールや、レンタルサーバー業者のマニュアルで確認できます。多くの場合2個から5個ありますので、すべて記録しておいてください。

最後にドメイン取得サービスのネームサーバー設定を行います。
ドメイン取得サービスの管理画面にログインし、ネームサーバーを設定する場所を探してみてください。
そこに先ほどのネームサーバーをすべて入力し設定します。

ネームサーバーの設定は、インターネット上に反映されるまで時間がかかりますので焦らず気長に待ちましょう。
早いと30分くらいで反映されますが、遅い時は1日くらいかかります。この間にレンタルサーバーの設定をしたり、ホームページを作る準備をしましょう。

【実績No1】ドメイン登録実績1,200万件突破の、お名前.com

  • 日本のドメイン取得業者の中で最も登録数が多く使いやすい
  • 頻繁にキャンペーンを行っているので格安で取得できることも
  • 人気の単語を使ったレアなプレミアムドメインの取得が可能

お名前.comはGMOインターネット株式会社が運営するドメイン取得サービスです。日本のドメイン業者の中で最も登録数が多いので安心感が違います。料金も安く、管理機能も使いやすいサービスとなっています。 頻繁に特別料金キャンペーンを行っており、タイミングが合えば非常に安くドメインを取得できます。 お名前.comの共用レンタルサーバーと同時申込でさらにお得になります。

【初心者向け】初めてでも安心のわかりやすさ、ムームードメイン

  • 初心者でも安心、簡単で管理がしやすいサービス
  • 個人用では必須のWHOIS情報の非公開無料
  • 同じ運営会社のレンタルサーバー(ロリポップ、ヘテムルなど)との相性が良い

ムームードメインは、GMOペパボ株式会社が運営するドメイン取得サービスです。同じ運営会社のレンタルサーバー、ロリポップやヘテムルとの相性がよく、簡単にホームページを開設することができます。料金も安く、管理画面のデザインや操作が分かりやすくなっており、初心者におすすめです。個人用ではなくてはならないWHOIS情報の非公開機能も無料で利用できます。

【法人向け】サポート充実。多数の企業が登録している、名づけてねっと

  • NTTグループ運営のドメイン取得サービス、多くの法人企業が登録
  • 通話料無料の電話サポート、請求書払い、法人向け後払いが可能
  • 同じ運営会社のレンタルサーバー(WebARENA)との同時契約がお得

名づけてねっとは、株式会社NTTPCコミュニケーションズが運営するドメイン取得サービスです。NTTグループ運営で、多くの法人企業が登録しており、会社のドメインを取得する場合におススメです。法人向けサービスだから、通話料無料サポートがあり、教育機関・官公庁向けの請求書払い、法人向け後払いが可能です。名づけてねっとなら、会社で使っているドメインを、料金支払い手続きのミスで失効してしまうようなことはなくなります。法人サイトや会社のメールで使う重要なドメインなら、トラブル時のサポートも大切です。

公開日:
最終更新日:2016/03/14