ドメインの教科書

ドメイン取得サービスの選び方

情報配信中

情報配信中

独自ドメインのメリット

独自ドメインには多くのメリットがあります。レンタルサーバー業者の無料ドメインでホームページを公開するより、独自ドメインでホームページを運営する方が多くのメリットがあります。また、会社のメールアドレスがプロバイダーのドメインであるより、自社ドメインの方が信頼性が高まります。
ここでは、独自ドメインの様々なメリットを紹介します。

独自ドメインのメリット

  1. サイトのイメージアップ、信頼性が高まる
  2. サイトのURLが変わる心配がない
  3. Google検索のSEOに有利
  4. URLが短くなり覚えやすい
  5. 専用のメールアドレスが使える
  6. ドメインは資産になる
  7. ドメインは安い

サイトのイメージアップ、信頼性が高まる

独自ドメインは、世界中でただ1つだけ。サイトが独自ドメインというだけでも、きちんと運営していると感じる人も多く、信頼性が高まりサイトの格もあがります。

プロバイダーやブログサービスなどの無料ドメインでは信頼を得るのは難しく、ドメインの取得費用を惜しまず払って管理している事自体が信頼性を高めます。

独自ドメインは会社や商品の看板のようなものです。特に会社のホームページなどのビジネスサイトは、独自ドメインにすべきです。

もしあなたが、会社のホームページのURLが、プロバイダーやレンタルサーバー業者が提供している他の利用者と同じドメイン名だと気がついた時、「わずかな費用なのにホームページにお金をかけずにやってる会社なのかな?」と思いませんか。

無料ドメインのホームページは、看板やのれんに対して手を抜いているお店のような印象になってしまいます。

サイトのURLが変わる心配がない

レンタルサーバーを使っていくと、もっと良いレンタルサーバーに乗り換えたくなる事があります。

例えば、サイトへの訪問者数が増えてきてアクセス速度をあげたくなったので、格安レンタルサーバーから、より性能の高いサーバーに乗り換えるといった時です。

独自ドメインのホームページであれば、サーバーを乗り換えてもホームページのURLを変えずにサーバーの引っ越しができます。

ブログサービスや、レンタルサーバー業者の無料サブドメインを使ってホームページをつくる事はできますが、突然サービスを終了するということもあります。

データのバックアップがなければそれまでに書きためたホームページは消えてしまいます。ホームページの中身を作り直せたとしてもホームページのURLは変わってしまいます。

ドメインもサーバーも無料で借りている状況ですので、提供会社の都合で利用できなくなることがあります。ドメインを自分自身で所有すれば、このような心配がなくなります。

Google検索のSEOに有利

多くの人が商品や情報を探すとき、GoogleやYahoo!などの検索エンジンを使って探します。検索結果に出てきたサイトの中から、求めてる情報があるか見定めながら、チェックしていきます。

ですので、ホームページをより多くの人に見てもらうには、検索エンジンの検索結果に表示されるようにする事が重要です。検索結果の1ページ目、できれば上の方に表示される方がより多くの人がホームページに訪れます。

SEOとは、検索エンジンの検索結果で上位に表示されるよう、サイトの改善や工夫を凝らすことです。競合サイトが多い中で上位に表示されるようにするには相当の努力が必要です。

検索エンジンがどの順序で表示するかの評価基準には、ドメインの信頼性が含まれています。無料ドメインより、お金をかけて管理している独自ドメインの方が信頼性が高いということも含み、評価をしている可能性が高いようです。

他にも、無料ドメインが検索エンジンのSEOに向いていない理由があります。
例えばブログ記事の場合、そのブログサイトがなくなっても、データがあれば新しいサイトでブログ記事を復旧することができます。しかし、URLが変わってしまうとGoogleからの評価はゼロになってしまいます。上位表示されるように積み上げてきた努力が水の泡になってしまうのです。

独自ドメインを持っていれば、URLを変えずに別のレンタルサーバーに移行する事ができ、検索エンジンからの評価を維持することができます。

専用のメールアドレスが使える

独自ドメインとレンタルサーバーを使えば、そのドメインを使ったメールアドレスを自由に作れることができます。例えば当サイトであれば「info@textbook-domein.com」というメールアドレスを作っています。
メールアドレスの数も10個~無制限と多く作ることできるので、用途毎にメールアドレスを使い分けることができます。

会社によっては、インターネットプロバイダーのメールアドレスやフリーメールを使っていることがあります。例えばxxxxx@xxxx.ocn.ne.jp、xxxxx@xxxx.plala.or.jp、xxxxx@yahoo.co.jp といったメールアドレスです。

もし、あなたが取引先からメールで見積書が送られてきたとき、このようなメールアドレスから届いたらどのように感じるでしょうか。「メールで仕事をすることが少ないからあまり手をかけてないのかな」とか、中には「メールに費用をかける余裕がないのかな?この会社との取引きは気をつけなきゃ」という印象を持つ人もいるかもしれません。
無料メールアドレスは、小規模な法人になるほど多くなる傾向があります。独自ドメインやレンタルサーバーのコストはわずかなものです。取引先の信頼を得るためにも自社専用のメールアドレスにするべきです。

短くて覚えやすい

レンタルサーバー業者が提供するサブドメインの場合、レンタルサーバー業者のドメイン名を含んでURLが長くなったり、ホームページの内容と関係のないドメイン名になったりします。
ホームページの内容に合わせたドメイン名であれば、URLを覚えてもらえやすく認知度も向上しやすくなります。
メールアドレスも同じです。インターネットプロバイダのメールアドレスを使っていると、転居などの都合でプロバイダーが変わったらメールアドレスも変わってしまうこともあります。会社の名称や屋号とマッチしたドメイン名のメールアドレスの方が覚えやすくなります。

ドメインは資産になる

個人事業主の方であれば、ホームページを作って名刺にサイトのURLを載せることができます。ホームページの運営をしっかり行えば注文や問い合わせが増えるかもしれません。ホームページのアクセスが増加すれば、広告を貼って広告収入を得ることもできます。
ホームページの運営を長く続けれていくと、そのドメインの信頼度が高まります。 作ったばかりのドメインより、10年使い続けられたドメインの方がGoogle検索の評価が高く、同じ内容のホームページでも上位に表示される場合が多くなると言われています。

ドメインは安い

ドメインの料金は安く、「.com」であれば年間1,200円程度で取得できます。
さらにホームページやメールアドレスを作るには、レンタルサーバーも必要になりますが、年間6,000円以下で利用できるものも多数あります。
ドメインとレンタルサーバーを合わせても1か月あたり600円程度とわずかな費用で独自ドメインのサイトを所有することができるのです。

独自ドメインのデメリットはその維持にかかるわずかなコストだけ、ホームページの運営を考えているならメリットが多い独自ドメインを取得することを強くおススメします。

【実績No1】ドメイン登録実績1,200万件突破の、お名前.com

  • 日本のドメイン取得業者の中で最も登録数が多く使いやすい
  • 頻繁にキャンペーンを行っているので格安で取得できることも
  • 人気の単語を使ったレアなプレミアムドメインの取得が可能

お名前.comはGMOインターネット株式会社が運営するドメイン取得サービスです。日本のドメイン業者の中で最も登録数が多いので安心感が違います。料金も安く、管理機能も使いやすいサービスとなっています。 頻繁に特別料金キャンペーンを行っており、タイミングが合えば非常に安くドメインを取得できます。 お名前.comの共用レンタルサーバーと同時申込でさらにお得になります。

【初心者向け】初めてでも安心のわかりやすさ、ムームードメイン

  • 初心者でも安心、簡単で管理がしやすいサービス
  • 個人用では必須のWHOIS情報の非公開無料
  • 同じ運営会社のレンタルサーバー(ロリポップ、ヘテムルなど)との相性が良い

ムームードメインは、GMOペパボ株式会社が運営するドメイン取得サービスです。同じ運営会社のレンタルサーバー、ロリポップやヘテムルとの相性がよく、簡単にホームページを開設することができます。料金も安く、管理画面のデザインや操作が分かりやすくなっており、初心者におすすめです。個人用ではなくてはならないWHOIS情報の非公開機能も無料で利用できます。

【法人向け】サポート充実。多数の企業が登録している、名づけてねっと

  • NTTグループ運営のドメイン取得サービス、多くの法人企業が登録
  • 通話料無料の電話サポート、請求書払い、法人向け後払いが可能
  • 同じ運営会社のレンタルサーバー(WebARENA)との同時契約がお得

名づけてねっとは、株式会社NTTPCコミュニケーションズが運営するドメイン取得サービスです。NTTグループ運営で、多くの法人企業が登録しており、会社のドメインを取得する場合におススメです。法人向けサービスだから、通話料無料サポートがあり、教育機関・官公庁向けの請求書払い、法人向け後払いが可能です。名づけてねっとなら、会社で使っているドメインを、料金支払い手続きのミスで失効してしまうようなことはなくなります。法人サイトや会社のメールで使う重要なドメインなら、トラブル時のサポートも大切です。

公開日:
最終更新日:2016/02/17