ドメインの教科書

ドメイン取得サービスの選び方

情報配信中

情報配信中

ドメインの基礎知識

ドメインとは、インターネット上の住所のようなものです。メールアドレスに利用されたり、ホームページのURLに利用されています。

例えば、当サイトの場合、「http://www.textbook-domain.com/」 の、www.より後ろの部分「textbook-domain.com」がドメイン名です。

メールアドレスの場合は、「info@textbook-domain.com」の、@より後ろの部分がドメイン名になっています。

ここでは、ドメインを取得前に知っておくべきに基礎知識についてまとめています。

ドメインの基礎知識

独自ドメインとは?

ドメインはインターネット上の住所のようなものです。ホームページやメールアドレスなどでも使われるのでよく目にすると思います。
当サイトの場合、ホームページのアドレス「http://www.textbook-domain.com/」、メールアドレス「info@textbook-domain.com」の、それぞれ後ろ側の「textbook-domain.com」の部分がドメインです。ここでは、独自ドメインについて簡単にまとめており、取得できるドメイン名の調べ方を説明します。

独自ドメインとは?の詳細ページへ

ドメインの種類

ドメインの種類は1,000種類以上の種類あります。日本で特に目にするのは「.com」「.net」「.jp」が多いと思います。
ドメインは大きく分けると次の2種類に分類されます。「.com」「.net」「.info」などのgTLD(グローバルトップレベルドメイン)、「.jp」「.co.jp」などのccTLD(国別コードトップレベルドメイン)の2種類です。
ccTLDは、原則、特定の国の組織や人だけが取得できるドメインとなっており、日本では「.jp」「.co.jp」「.ne.jp」「.or.jp」などがあります。

ドメインの種類の詳細ページへ

独自ドメインのメリット

独自ドメインには多くのメリットがあります。レンタルサーバー業者の無料ドメインでホームページを公開するより、独自ドメインでホームページを運営する方が多くのメリットがあります。また、会社のメールアドレスがプロバイダーのドメインであるより、自社ドメインの方が信頼性が高まります。
ここでは、独自ドメインの様々なメリットを紹介します。

独自ドメインのメリットの詳細ページへ

「.com」の取得料金はどれくらい?

独自ドメインを使ったブログやWordPressのサイト運営にはドメインの取得が必須です。ドメインの種類の中でも人気の「.com」ドメインを取得する場合、年間で1,180円~3,600円程度の登録料金を支払う必要があります。ここでは、ドメインの料金についてまとめます。ドメインの取得にはどんな費用が必要で、どれくらいかかるのか相場観がわかるようになります。

独自ドメインのメリットの詳細ページへ

WHOIS情報とは?

WHOIS情報とはドメインの所有者情報のことです。ドメインの所有者情報は、インターネット上に公開されており、誰でも簡単に調べることができます。
WHOIS情報は、商標の問題が生じた時や、ネット上で技術的なトラブルがあった時に、すぐにドメイン所有者に連絡して解決するために役立っています。実際に調べてみるとわかりますが、法人サイトでは、会社名、住所、連絡窓口の電話番号、メールアドレス、担当者の名前などを公開しています。

WHOIS情報とは?の詳細ページへ

ネームサーバーとは?

ネームサーバーとは、インターネット上でドメインとサーバーを結びつけるための名前解決をするサーバーです。インターネット上にあるサーバーには、IPアドレスが割り当てられています。IPアドレスが判明すれば、ホームページのサーバーにアクセスできます。このIPアドレスとドメインを繋げる役割を担っているのがネームサーバーです。ネームサーバーは、DNS(Domain Name System)サーバーとも言います。

ネームサーバーとは?の詳細ページへ

マルチドメインとは?

マルチドメインとは、1つのサーバーで複数の独自ドメインを管理できる機能です。ドメインを取得するたびにサーバーを借りずに済むのでコストを削減することができます。この記事では、マルチドメインを使う理由から、そのメリットやデメリットを分かりやすくまとめています。

マルチドメインとは?の詳細ページへ

サブドメインとは?

サブドメインとは、1つの独自ドメインを更に区分けるために作成するドメイン名のことです。サブドメインを作成すると1つの独自ドメインで複数のホームページを作ることができるのです。この記事では、サブドメインを使う理由やメリットとデメリットをまとめています。

サブドメインとは?の詳細ページへ

日本語ドメインとは?

日本語ドメインとは、「日本語.jp」のように、漢字やひらがな、カタカナを使ったドメイン名のことです。日本語ドメインは、検索結果やブラウザのアドレスバーなどの表示部分に工夫が施されており、見かけ上日本語が使えるようになっています。インターネット上の通信では、日本語ではなくアルファベットの文字列に変換したものが使われます。ここでは、日本語ドメインに関してまとめます。

日本語ドメインとは?の詳細ページへ

無料でドメインを取得する方法

海外には無料で独自ドメインを取得できるサービスがあります。
「無料だなんてそんなおいしいサービスがあるなら試してみたい!」と考えられる方も多いと思いますので、本日は無料ドメインの取得方法を紹介します。が、結論から言うと、この方法はあまりおススメしません。ドメイン取得とその更新方法を知れば、無料のドメイン取得があまりおすすめではない理由がわかります。

無料でドメインを取得する方法の詳細ページへ

【実績No1】ドメイン登録実績1,200万件突破の、お名前.com

  • 日本のドメイン取得業者の中で最も登録数が多く使いやすい
  • 頻繁にキャンペーンを行っているので格安で取得できることも
  • 人気の単語を使ったレアなプレミアムドメインの取得が可能

お名前.comはGMOインターネット株式会社が運営するドメイン取得サービスです。日本のドメイン業者の中で最も登録数が多いので安心感が違います。料金も安く、管理機能も使いやすいサービスとなっています。 頻繁に特別料金キャンペーンを行っており、タイミングが合えば非常に安くドメインを取得できます。 お名前.comの共用レンタルサーバーと同時申込でさらにお得になります。

【初心者向け】初めてでも安心のわかりやすさ、ムームードメイン

  • 初心者でも安心、簡単で管理がしやすいサービス
  • 個人用では必須のWHOIS情報の非公開無料
  • 同じ運営会社のレンタルサーバー(ロリポップ、ヘテムルなど)との相性が良い

ムームードメインは、GMOペパボ株式会社が運営するドメイン取得サービスです。同じ運営会社のレンタルサーバー、ロリポップやヘテムルとの相性がよく、簡単にホームページを開設することができます。料金も安く、管理画面のデザインや操作が分かりやすくなっており、初心者におすすめです。個人用ではなくてはならないWHOIS情報の非公開機能も無料で利用できます。

【法人向け】サポート充実。多数の企業が登録している、名づけてねっと

  • NTTグループ運営のドメイン取得サービス、多くの法人企業が登録
  • 通話料無料の電話サポート、請求書払い、法人向け後払いが可能
  • 同じ運営会社のレンタルサーバー(WebARENA)との同時契約がお得

名づけてねっとは、株式会社NTTPCコミュニケーションズが運営するドメイン取得サービスです。NTTグループ運営で、多くの法人企業が登録しており、会社のドメインを取得する場合におススメです。法人向けサービスだから、通話料無料サポートがあり、教育機関・官公庁向けの請求書払い、法人向け後払いが可能です。名づけてねっとなら、会社で使っているドメインを、料金支払い手続きのミスで失効してしまうようなことはなくなります。法人サイトや会社のメールで使う重要なドメインなら、トラブル時のサポートも大切です。

公開日:
最終更新日:2016/03/19